二重整形は大阪で埋没法が話題だけど切開法も考慮してみよう

サイトマップ
二重

大阪で二重整形を受ける前に知りたいリスク

二重整形には二つの種類があります。
①埋没法 
メスを使わないで医療用の糸と針でまぶたに糸を埋め込み、自然な二重を作る施術です。傷跡が見えることはないので、きれいに仕上がります。また、メスを使わないので、施術時間が短く、5~20分程度で施術完了になります。施術後も腫れたりすることはありますが、メスを使う施術を受ける時間がなかったり、ばれたくないという方には向いている施術と言えるでしょう。 
②切開法 
腫れぼったい目の方や、埋没法で手術をして取れてしまった方にお勧めの施術法です。切開法に関して、埋没法と比べて腫れはあります。一般の方が想像するような強い腫れではありません。抜糸後には8割方腫れは引いていきます。
二つの施術にはもちろん失敗例もあります。
①埋没法の失敗例 
まぶたの裏側に糸が露出しゴロゴロする。糸が取れて一重になる。糸にばい菌が付着し、炎症が起こる。まぶたに糸のふくらみができる。
②切開法 
目が完全に閉じなくなることがある。まぶたに傷跡が残ってしまう。このような失敗例があることがあります。そして、共通して、理想の二重にならないということも起こりえます。二重整形で失敗が多いのは外科的失敗よりも、理想の二重にならなかったという物が多いようです。医師のアドバイスや提案をしっかりと聞いて、自分に合った理想の二重デザインや施術を選ぶことが大切です。

TOP