二重整形は大阪で埋没法が話題だけど切開法も考慮してみよう

サイトマップ
二重

大阪で増えている二重整形と埋没法と切開法について

二重整形には大きく分けて2つの方法があります。まず「埋没法」です。これは瞼に穴を開けてそこから糸を通す手術のことで、比較的に簡単な処置となるので人気があります。大体15分ほどで終わります。糸の結び方や通し方などによって仕上がり・腫れが引くまでの時間が変わるので事前にカウンセリングで先生とよく話し合いをした方が良いです。埋没法の不安点は、埋め込んである糸が原因で目に違和感や痛みを感じたり、糸が出てくる可能性があることです。まれに糸に付着した細菌によって目に影響が出ることもあります。この治療法の場合、暫く経つと糸が取れてしまうので残念ながら効果は永久ではありません。もう1つは「切開法」です。これはその名の通り、瞼を切開することで二重を作り上げる手術になります。瞼が腫れぼったいタイプの人は、脂肪の切除をすることもあります。あまりやり過ぎると修正が効かなくなるので注意が必要です。この方法の場合は、目を完全に閉じるのが難しくなるというリスクがあります。また、皮膚を切るので瞼の腫れが引くのに時間がかかってしまいます。ただし埋没法と比べると効果の持続期間が長く、クリニックによっては半永久の効果をうたっている所もあります。どちらを選ぶにしてもメリット・デメリットがありますので、必ず事前にネットでよく調べてからクリニックに行った方が良いでしょう。

TOP